玄関網戸や配管のライニング工事で長持ち住宅~末永いhouse~

まちづくりの技術

配管の寿命をのばす

配管の再生にライニング工法を

たくさんの工具

水道の給排水管は設置から時間の経過とともに管内の継ぎ手部分や加工部分の腐食が始まります。その結果、水垢の発生やスライムの汚れなどにより流量の低下や漏水のリスクが高まります。建物に寿命があるように、給排水管にも寿命があります。しかし、最近、老朽化した給排水管を再生するライニング工法という施工方法が登場しています。これは、配管を交換することなく、既存の配管の内部をライニングすることで再生する工法です。いろいろなライニング工法がありますが、一般的には高圧圧縮エアーで内部の異物を吹き飛ばし、その後、研磨剤を高圧で流し込み配管内部を清掃、そして最後にライニング材で塗膜を形成し新管同様に再生するという施工法です。配管を交換する工事に比べ、費用と工期の面でメリットがあることから、効果的なメンテナンス法として今後さらに普及が見込まれています。

信頼できる業者の選択が重要

給排水配管は経年劣化が起こり、これは避けられません。一定期間が過ぎれば寿命が来ることも避けられません。しかし、ライニング工法によるメンテナンスを施すことで、配管の寿命を延ばすことは可能です。もちろん、ライニング工法で施工したとしても、費用が掛かり工期も必要です。工事期間中、通常通りの水道使用はできなくなりますので、住民の理解と協力も必要になります。さらに重要なことは、基本的なインフラである水道に関わる工事であるため、施工を任せる業者の選択を間違えないことです。十分な実績と経験を積んだ専門業者を選ぶことが最も大切です。価格や工期だけで選ぶのではなく、実績と通して信頼できる業者であることを確認したうえで施工依頼することが重要です。

他のページはこちら