玄関網戸や配管のライニング工事で長持ち住宅~末永いhouse~

まちづくりの技術

ライニング処理の手順

配管のライニングにおける役立つ情報

切断する

住宅などの給排水管は通常、埋没式となっているためにメンテナンスは難しいものです。年数が経つことによって劣化し、手入れが必要となります。給水管であればサビの発生によって赤水が発生したり、排水管なら排水不良を起こすことになります。そこで取られる施工がライニング処理です。これは配管の内側にコーティング処理を行うものとなり、手軽にメンテナンスを行うことができるものとなります。その歴史は結構古く、当初から安価に行えるゴムを利用した施工が行われていたものです。現在では様々な素材によるライニングが施されるようになり、その効果も高められるようになっています。特に排水管の場合には、内部は複雑な構造となっています。また給水管と異なり、排水する対象が異なることに対応してライニングの素材も変えるようになっています。

メリットを得られるような工夫とは

配管のメンテナンスとして利用されるライニング施工ですが、工夫次第でメリットを得ることもできます。例えば給水管はかなりの水圧がかかることにより、老朽化によって漏水を起こすケースもあります。ライニングは配管の老朽化に対応するだけではなく、予防にも活用できるものです。給水管にライニング処理を施すことによって、漏水を予防できます。漏水はその症状が出るまでに時間がかかるものですし、またそれがわかった頃には配管内部はかなり損傷していることもあります。それを未然に防ぐことができるようになるわけです。そして現在は様々な素材によるライニング施工によって、配管の寿命をかなり延ばすことができるようになっています。またどのような形状の配管にも対応できることが特徴となります。

他のページはこちら