玄関網戸や配管のライニング工事で長持ち住宅~末永いhouse~

まちづくりの技術

配管への配慮

配管のライニングの種類と役割について

女性

ライニングという言葉を聞いたことがあるという方は少なくありません。配管廻りのライニングと言えば配管の周囲に巻き付けられている保護材のことをいうことが多いです。この保護材は冬場凍結することを防止したり劣化したりすることを防止する役割をになっています。配管内が腐食すると鉄錆びが発生して赤い水がでてしまいます。配管内が腐食してしまうと交換が必要となります。また錆び防止や流体の付着防止のために配管内にモルタルなど処理を施したものをライニング配管と呼ぶこともあります。水廻り、特に洗面台の配水管の周りやデパートなどのトイレに鞄などの荷物を置くための棚のことをライニングと呼ぶこともありますので様々な意味があります。

手入れの重要性について

お風呂の排水配管は毎日浸かった後や体を洗った後の水を流すためゴミや汚れがたまりやすくなっています。また追い炊き用の配管内の汚れもよく言われており、ここに汚れがたまっているとせっかくのきれいなお風呂の水も汚くなってしまいます。そうならないためにも普段から手入れが大切で、お風呂に貯めた水やお湯に配管用洗剤を投入して追い炊きボタンを押すだけできれいに洗浄することが出来ます。また排水用フィルターにもゴミや髪の毛がたまって水はけが悪くなるのでこまめに取り除いてやると良いです。トイレの配管も同様でパイプクリーナー洗剤を使って管内の汚れを取り除いてやると良いです。洗面台の下の管つなぎ部から水漏れがすることもあります。

他のページはこちら